「旧宮殿にて 15世紀末、ミラノ、レオナルドの愉悦」 三雲岳斗

(あらすじ)
消えた肖像画、失踪した令嬢、石像の右腕だけが後に残され、遺言書を入れた風変わりな箱は持ち去られた。
異能の師匠レオナルド・ダ・ヴィンチが、ミラノの宰相ルドヴィコ・スフォルツァ、才媛チェチリアとともに、不可解な謎、奇妙な事件に挑む。15世紀末のミラノを舞台に、当時最先端の科学的知見をもって解き明かされる事件の意外な真相とは?
異才・三雲岳斗が描く、稀代の天才・レオナルド・ダ・ヴィンチが活躍する本格ミステリー。


『モナリザ』や『最後の晩餐』などで著名なレオナルド・ダ・ヴィンチが主人公の連作短編集です。
作者・三雲岳斗さんの作品を読んだのは今回が初めてなんですが、ライトノベル系小説出身の作家さんだということは知っていましたので、もっとキャラクターを前面に押し出してくるかと思いましたがそんなことはなく、ちゃんとしたというのも変ですがミステリーでした。
特に収録作の「二つの鍵」は丁寧な論理パズルの美しい作品で、なお且つ面白かったです。
しかしながら、全体にどうもインパクトに欠けるというか、アクが弱い。前述の「二つの鍵」も半分くらい読むまで前に一度「本格ミステリー05」で読んだことのあるのを忘れていました。
文章も綺麗だし、内容洗練されているし言うことなさそうなんですけど、綺麗だけど印象に残らない絵みたいな感じを受けました。

満足度 … ★★★

旧宮殿にて 15世紀、ミラノ、レオナルドの愉悦 (光文社文庫)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック