「殺意は砂糖の右側に 天才・龍之介がゆく!」 柄刀一

(あらすじ)
小笠原諸島から初めて都会に出てきた純朴で愛すべき、しかしIQ190の天才・天地龍之介は、数々の奇妙な事件に遭遇する。
「10円玉を持っていないか」という不思議な言葉を残しクラブ経営者が撲殺された。被害者は麻薬取引の疑惑を持たれていたが、その右手にはなぜか1円硬貨と50円硬貨が握られていた・・・。(「凶器は死角の奥底に」)
他、料理コンテストや国際線の機上、はたまたフィリピンの田舎町で龍之介らは事件と遭遇するのだが・・・。
学究一筋の青春を送ってきた龍之介が、科学者並みの頭脳とちょっとズレた感性で事件の謎に挑戦する。


雑学的、科学的な知識は膨大だが、純朴でほんわかキャラの天地龍之介が活躍するシリーズ第1弾です。
このシリーズは、主人公の龍之介はほんわかキャラですが、事件自体は人間の悪意や欲望が渦巻くおどろおどろしい内容です。しかし、龍之介自身のキャラクターや、龍之介を取り巻くメンバーのおかげで読後感は非常に爽やかです。さらにほとんどの作品は短編のためか切れがよく読みやすいシリーズです。

今回『マイベスト』の1位にしたのは、読みやすさと、いつの間にやら9作と著者を代表するシリーズになっていたこと。今後も活躍が楽しみです。

満足度 … ★★★★

殺意は砂糖の右側に―痛快本格推理 祥伝社文庫―天才・龍之介がゆく!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック