「幽霊船が消えるまで 天才・龍之介がゆく!」 柄刀一

(あらすじ)
後見人の中畑氏を捜す旅の途中、天地竜之介が乗り込んだ貨物船には不気味な怪談が広まっていた。
おびえる龍之介を笑っていた光章だったが、その夜、奇怪な幽霊船に遭遇し、失神してしまう。気が付くと船内はエメラルドのネックレス盗難事件で大騒動に。しかも、現場に残された指紋は竜之介のもので…。


昨日、シリーズ第1弾の「殺意は砂糖の右側に」を読んで、勢いが付いてしまい第2弾「幽霊船が消えるまでを」一気に読破してしまいました。
第2弾は、シリーズのレギュラー3人に加えて、今回やっと登場した中畑さんに、さらに光章の因縁の相手・崎山まで登場し、にぎやかなお話となっています。

今回も龍之介のキャラクターに助けられてほのぼの路線のお話になっています。作者・柄刀先生の作品の中では珍しいほのぼの系なので、出来るだけ続けていって欲しいシリーズです。

満足度 … ★★★★

幽霊船が消えるまで―痛快本格推理 (祥伝社文庫―天才・竜之介がゆく!)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック