「かのこちゃんとマドレーヌ夫人」 万城目学

猫から見た人間たちや、子供たちの社会が活き活きと描かれており、今までの作者の作品とはちょっと雰囲気が違っている。
面白いことは面白いのだが、ちょっと物足らなさもあった。もう少しかのこちゃんとマドレーヌ夫人の絡みがあったほうが良かったかな?なんとなく二人の関係があっさりしているような気がするなあ。
個人的にはこれまでの作品の方が好みだね。

内容(「BOOK」データベースより)
かのこちゃんは小学一年生の元気な女の子。マドレーヌ夫人は外国語を話す優雅な猫。その毎日は、思いがけない出来事の連続で、不思議や驚きに充ち満ちている。


かのこちゃんとマドレーヌ夫人 (ちくまプリマー新書)
筑摩書房
万城目 学

ユーザレビュー:
出会いと別れの物語小 ...
子供目線の表現力がす ...
おもしろいっ さらっ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック