テーマ:短編集

「象と耳鳴り」 恩田陸

(あらすじ) 「あたくし、象を見ると耳鳴りがするんです」 元判事の関根多佳雄がたまたま立ち寄った喫茶店で、見知らぬ上品な老婦人が語り始めたのは、少女時代に英国で遭遇した、象による奇怪な殺人事件だった。 だが婦人が去ったのち、多佳雄はその昔話の嘘を看破する。そして、婦人の幼馴染の店主が語る彼女の真実。このささやかな挿話には、さらに意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「剣客商売」 池波正太郎

(あらすじ) 白髪頭で小柄ながら老練で粋な老剣客・秋山小兵衛と、まだ若く浅黒い巌のようにたくましい息子・秋山大治郎。 田沼意次の権勢華やかな江戸中期を舞台に、剣客の宿命を背負いながら縦横に活躍する親子を描く傑作シリーズ。 池波正太郎の代表作「鬼平犯科帳」「剣客商売」「仕掛人・梅安」の3つは、それぞれ個性的な作品なのですが、「剣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「いのちのパレード」 恩田陸

(あらすじ) 「月刊ジョイノベル」に連載された恩田陸先生の『奇想短編シリーズ』の14編に書き下ろし1編を追加した短編集。 恩田陸ワールドの原点となった<異色作家短篇集>への熱きオマージュ。 ホラー、SF、ミステリー、ファンタジーとあらゆるジャンルを描いた、幻想的で摩訶不思議な作品集。 作品は玉石混淆で、面白いのもあれば、さっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「先生と僕」 坂木司

(あらすじ) 大学に入ったばかりの伊藤二葉は、ひょんなことから『推理小説研究会』というサークルに入ってしまう。 しかし、二葉は極度の怖がりで推理小説をちゃんと読んだことがなかった。練習のために公園で短編集を読んでいる二葉に声をかける人物がいた。彼は中学生で、二葉に自分の家庭教師を頼みたいという。 結局、『僕』は家庭教師を引き受ける…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「温かな手」 石持浅海

(あらすじ) 大学の生物学研究室に勤める畑寛子の同居人・ギンちゃん。 サラリーマンの北西匠の同居人・ムーちゃん。 2人は皮膚を接触させて人間の生命力を吸い取る謎の生き物。 そんなある日、寛子の研究室で修士課程の院生が殺害される。食事の約束をしていたのに、ちっとも来ない寛子を心配しギンちゃんは研究室に現れるが、寛子の話を聞いただけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「香菜里屋を知っていますか」 北森鴻

(あらすじ) マスターの工藤が作る絶品の料理と、アルコール度数の異なる4種類のビールが自慢のビア・バー『香菜里屋』。 その『香菜里屋』が突如閉店し、処分を香月にたくしマスター・工藤が消えた。 それから一年、越名集治、宇佐見陶子、蓮杖那智、かつての常連の前に工藤の姿を捜す男が現れる。 そのことから、マスター・工藤の秘密の過去と『香…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「腕貫探偵 市民サーヴィス課出張所事件簿」 西澤保彦

(あらすじ) 某県櫃洗市の大学構内、病院、警察署内、はては路上に突如設けられる市民サーヴィス課臨時出張所。 殺人?詐欺?行方不明?などで悩める市民の相談事を解決するのは、腕貫をはめた出張所の一般苦情係。 ユーモア溢れるミステリー連作短編集。 安楽椅子探偵物のミステリー短編集です。ただし、探偵役は市の職員(自称)。市民の不安や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「生贄を抱く夜 神麻嗣子の超能力事件簿」 西澤保彦

(あらすじ) 美人でお金持ちだが性悪の友人・真寿美に、人生を狂わされた地味で平凡なOL・波子は、嫌々ながら真寿美の婚約の内祝いに出席する。しかし、招かれた豪邸で突然意識を失い、気が付くと手足を縛られ、裸同然の姿で自分にストーカー行為をしている男と一緒にいた。 雷鳴が轟く中、殴られ気を失う。次に目覚めると、そこには“あの女”の死体が・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ぶたぶたと秘密のアップルパイ」 矢崎存美

(あらすじ) 「誰にも話せない秘密を、そこにいる店員に話してください。」 イラストレーター森泉風子は、喫茶店でたまたま不思議な会員制喫茶店の特別招待券を手に入れる。 そこでは、誰にもいえない秘密をひとつ、そこの店員に話さなくてはいけないというのだ。 風子は自分でもよくわからないまま、その奇妙な喫茶店に足を踏み入れるなだが、その喫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「百万のマルコ」 柳広司

(あらすじ) 捕虜として捕らえられ牢に入れられ、出るあてもなく退屈をもてあます囚人達。 そんなジェノバの牢に、新入りの囚人がやってくる。新入りは<百万のマルコ>こと、マルコ・ポーロと名乗る。 マルコは、『大ハーン・フビライに仕え、黄金が溢れる島・ジパングで、大冒険の末、黄金を捨てることで莫大な黄金を手に入れた・・・。』と語る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「なみだ研究所へようこそ! サイコセラピスト探偵 波田煌子」 鯨統一郎

(あらすじ) 港区六本木にあるメンタル・クリニック「なみだ研究所」 新米の臨床心理士・松本清は大学の恩師の薦めで見習いとして「なみだ研究所」へやってきた。研究所の所長・波田煌子は幾多の実績を持つ伝説のセラピスト。だが、波田煌子は幼い容姿と拙い知識、とぼけた性格と会話の女性だった。 不安を覚えた松本だったが、患者を前に波田煌子の不思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「クリスマス緊急指令 ~きよしこの夜、事件は起こる!~」 高田崇史

(あらすじ) 大伴黒主の和歌を最期に握り締めて死んだ男。三角関係で親友に殺意を抱かれ苦悩するOL。息子のために探偵小説を書く父親。宿泊客らの人生を一変させたアンティーク・オルゴールの秘密。など、全6編のクリスマスにおきた出来事。 高田先生の珍しいシリーズ物ではない作品集です。珍しいというより初ですね。 作品のテーマはすべて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「『神田川』見立て殺人 間暮警部の事件簿」 鯨統一郎

(あらすじ) 大川探偵事務所に持ち込まれる謎の事件。 事件関係者に事情聴取をしていると、突然現れる間暮警部。持ち前の美声で昭和の名曲を歌い上げると言い放つ。 『犯人はこの中にいます。』 『神田川』『手紙』『別れても好きな人』など、懐かしいヒット曲に見立てた恐ろしい事件の真相が、いま明かされる。 9作すべて昭和歌謡曲の見立て…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「邪馬台国はどこですか?」 鯨統一郎

(あらすじ) 地下一階、カウンターだけの店『スリーバレー』。常連の三谷教授、助手の早乙女静香、ライターの宮田、三人が初めてそろった日、歴史の論争バトルが始まった。 ブッタは悟りを開いたのか?「悟りを開いたのはいつですか?」 邪馬台国はどこにあるのか?「邪馬台国はどこですか?」 聖徳太子は存在していたのか?「聖徳太子はだれですか?…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「紳士ならざる者の心理学 天才・龍之介がゆく!」 柄刀一

(あらすじ) 子供のころ、父親が死んだ事件当時の記憶を失った女性が、工事現場の取り壊し予定の壁を見て記憶をよみがえらせた。彼女のよみがえらせた記憶を頼りに、40年前の事件の真相を龍之介が推理する。「召されてからのメッセージ」 学園祭でにぎわう私立大学の心理学研究室で、最先端ゲーム機の試作品の盗難事件が発生した。直後、近くの工事現場で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「みなとみらいで捕まえて」 鯨統一郎

(あらすじ) なぜか警視庁から神奈川県警に出向している、自称敏腕刑事・半任優里(はんにんゆうり)警部と、足は速いがとぼけっぷりがものすごい部下の南登野洋子(みなとのようこ)の二人の前に次々と現れる不可解な事件。 事件解決のため、頼るのが横浜中華街の中華飯店・酩淡亭に住む117歳の論語研究者・明丹廷。明丹廷が血を吐きながら、論語に託し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「垂里冴子の見合いと推理」 山口雅也

(あらすじ) 観音市に住む垂里家の長女・冴子は33歳の未婚。美しくて聡明、読書好きで控えめな彼女だが、彼女にお見合いが持ち込まれるたびに事件が起こる。 事件が起こるたび冴子は持ち前の推理力で解決するのだが、お見合いは破談してしまう。 お見合いと推理を結合させた連作ミステリー。 非の打ち所のない女性なのに、見合いはすべて相手の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「江戸川乱歩傑作選」 江戸川乱歩

(あらすじ) 江戸川乱歩の初期作品を代表する9編を収録した作品集。 収録作品は「二銭銅貨」「二癈人」「D坂の殺人」「心理試験」「赤い部屋」「屋根裏の散歩者」「人間椅子」「鏡地獄」「芋虫」 江戸川乱歩といえば日本の探偵小説の草分けであり、立役者であり、なお且つ恐怖小説の生みの親とも言えるまさに大物なんですが、私は個人的にはあまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「最後の願い」 光原百合

(あらすじ) 新しく劇団を作ろうとしている度会恭平は、自分の納得するメンバーを集めるため、人材を捜していた。その人材探しの過程で出会う謎。日常に潜む謎の奥にある人間ドラマを役者ならではの視点で描くミステリー。 新しい劇団"劇団φ"を立ち上げようと人材を捜す度会恭平が、相手の周囲で起こる謎を解き明かす連作短編集。 寡作の作家さん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ホテルジューシー」 坂木司

(あらすじ) 大家族の長女として生まれ、弟妹の世話、家事に明け暮れていた柿生浩美に突然やってきた自由な時間。浩美は卒業旅行のためのアルバイトを夏休みにしようと思い立つ。 沖縄のリゾートホテルで働き始めた浩美だったが、ホテルのオーナーに頼まれ那覇のホテル『ホテルジューシー』で働くことになった。しかし、『ホテルジューシー』には、昼夜で性…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「かく戦い、かく死す」 柴田錬三郎

(あらすじ) 立身出世のために妻も売り、主君を裏切った「斎藤道三」、 塚原卜伝から唯一秘伝を受けた武将・北畠具教と父から疎まれた兵法者・彦六の生き方を対照的に描いた「北畠具教」、 勝頼の従兄弟、武田信豊からみた武田家の滅亡を描いた「武田信豊」、 本能寺の変を演出したのは秀吉と上杉景勝の忍者?という「明智光秀」、 殺生関白といわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「心臓と左手 座間味くんの推理」

(あらすじ) 警視庁の大迫警視が、あのハイジャック事件で知り合った"座間味くん"と酒を酌み交わすとき、終わったはずの事件が姿を変える。 「再会」 沖縄で十一年前に起こったハイジャック事件で人質となった玉城聖子は小学校6年生になっていた。従姉妹の勧めで沖縄にある進学校・沖縄考月学園に見学に来たのだが、那覇空港で人質だった聖子を助けてく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「螢坂」 北森鴻

(あらすじ) ビアバー『香菜里屋』に立ち寄る客が抱える謎を、マスター・工藤が解き明かす第3弾。 今回の謎は、 「螢坂」 16年ぶりに恋人と別れた螢坂にやってきた有坂祐二は、近くにあったビアバー『香菜里屋』に立ち寄ったことで、元恋人の奈津実の秘められた思いを知る。 「猫に恩返し」 飲み屋でかわいがられ死んだという黒猫ゴン太の顕彰碑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パズラー 謎と論理のエンタテインメント」 西澤保彦

(あらすじ) 「蓮華の花」  20年ぶりに同窓会に出席することになった克久、彼は死んだと思い込んでいた同級生が生きていたことを知る。 「卵が割れた後で」  アメリカ留学中に殺された日本人の青年の死体には、卵が付着していた。 「時計仕掛けの小鳥」  数年ぶりに見かけた本屋で奈々は6年前の事件を思い出す。 他「贋作「退職刑事」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパークⅤ」 石田衣良

(あらすじ) 風俗スカウト事務所の罠にはめられたウェイトレス。元ロックスターが設立を目指す、ロックミュージアムの真実。中国の工場での過労死を訴えるキャッチガール。ネットに巣くい、集団自殺をプロデュースする謎のくも男。 池袋のトラブルシューター・マコトがストリートを疾走するIWGPシリーズ第5弾。 文庫化になったんで買っちゃいま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「予知夢」 東野圭吾

(あらすじ) 天才物理学者・湯川学が活躍する「探偵ガリレオ」の第2弾。 17年前に今16歳の少女と結ばれる夢を見たという主張する男、その夢は予知夢なのか。(「夢想う」) 女性が殺害されたその時間、別の場所で被害者が目撃されていた。(「霊視る」) 男性が行方不明になった。彼の失踪に関係があると思われる家ではポルターガイスト現象が起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「探偵ガリレオ」 東野圭吾

(あらすじ) 警視庁捜査一課の刑事・草薙俊平が出会う事件には不可解な謎が隠されていた。突然燃え上がる若者の頭。池に浮かんだアルミ製のデスマスク。心臓だけ腐った死体。海中で起こった謎の爆発。幽体離脱した少年。 これらの謎に悩まされる草薙は、学生時代の友人で帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学を訪ねる。 常識を超えた謎に天才物理学者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Rのつく月には気をつけよう」 石持浅海

(あらすじ) 湯浅夏美、長江高明、熊井渚の3人は大学時代からの呑み仲間。長江の家で行う呑み会のたびに、つまみを長江が、酒を熊井が用意し、マンネリになりやすい呑み会のアクセントに毎回誰かがゲストを連れてくる。 酔っ払い、口が軽くなったところで盛り上がるのがなんといっても恋愛話。なのだが、恋愛の悩みや疑惑が出てくる。するとたちどころに解…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「なみだ学習塾をよろしく! サイコセラピスト探偵 波田煌子」 鯨統一郎

(あらすじ) 波田信人(はた・のぶと)が開いた学習塾では、厄介な事件が続発していた。塾生の1人が行方不明になったり、塾一番の優等生が突然0点をとったり、落ちこぼれの生徒が急に高得点をとったり、うそをついたとして転校生がいじめられたり、テストの受講者が全員同点だったり。塾にやってきた新人事務員・波田煌子(なみだ・きらこ)は、受験を控え、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「笑う怪獣 ミステリ劇場」 西澤保彦

(あらすじ) アタル、正太郎、京介の悪友三人組は、ナンパした美女?三人組みと共に無人島にやってくるが、そこには身長80mはあろうかという巨大怪獣がいた。怪獣により島から逃げる手段を失い密室と化した孤島で、悲鳴を残し、ひとり、またひとりと消えていく。 怪獣、宇宙人、改造人間?、幽霊など、アタルたち悪友3人組に次々に襲い掛かる怪奇現象と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more