テーマ:児童書

「古時計の秘密 ナンシー・ドルーミステリー」 キャロリン・キーン

(あらすじ) 金持ち老人の遺産を、強欲な親戚一家が無理やり独り占めし、これまで老人から援助を受けていた人々が困っていた。ナンシーは、遺産がみんなにいきわたるように、新しい遺言書探しに奔走する。 アメリカの児童書シリーズ『ナンシー・ドルー』シリーズの第一作。 何を思ったのか突然手に取って読んでしまいましたが、読み始めるまで児童書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「楽隊のうさぎ」 中沢けい

(あらすじ) 引っ込み思案な少年・奥田克久は中学入学の直前、公園でウサギを見かける。入学後、なるべく学校にいる時間を短くしたかった克久だが、いじめっ子にブラスバンドに入部すると宣言してしまう。 家庭や学校で様々な問題を抱えながら、ブラスバンドの先輩や新しくできた友人、そして部の顧問・森先生に出会い、心の中にいつの間にか住み込んだうさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「夏の日のぶたぶた」 矢崎存美

(あらすじ) 中学2年生の一学期の終業式があった日、菅野一郎が家に帰ると待ち受けていたのは弟を連れ実家に帰ろうとする母だった。父と二人の生活が始まった夏休み、家業のコンビニを手伝いながら毎日を過ごしていたが、ある日配達を頼まれたのは"幽霊屋敷"という噂のある家。 勇気を振り絞って行くと出てきたのはピンクのぶたのぬいぐるみだった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「海底二万里」 ジュール・ヴェルヌ

(あらすじ) 1866年、不思議な事件が続いていた。『動く暗礁』が次々と船を座礁させていたのだ。調査のためにパリ科学博物館のアナロック教授は太平洋に赴いたが、船は沈没してしまう。 溺れかけたアナロック教授たちを助けたのは、ネモ船長率いる謎の潜水艦『ノーチラス号』だった。 『ノーチラス号』での航海は、数々の海の脅威に遭遇する神秘に満…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「海へ出るつもりじゃなかった」 アーサー・ランサム

(あらすじ) 中国から数年ぶりに返ってくる父親を迎えにピン・ミルという町にやってきたウォーカー兄弟。ちょっとした偶然からジョンたちは単独航海でドーバーからやってきたジム・ブラディングという若者と知り合う。彼の船『鬼号』に数日間泊まれることになり、ジムと一緒の出かけた4人。ある日、ガソリンを買いに出かけたがジムがなかなか帰ってこないうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ツバメ号とアマゾン号」 アーサー・ランサム

(あらすじ) 夏休みにイギリス・湖水地方に遊びに来たウォーカー兄弟の上の4人は、ツバメ号という小型帆船と出会い、白地図とキャンプの道具を持ち子供たちだけで湖に探検に出る。そこで出会うアマゾン号という小型帆船と2人の少女。6人の子供たちの夏休みの最後の冒険が始まった。 「ツバメ号とアマゾン号」はイギリスで書かれた児童文学です。この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more